introduction



伝統的信仰と近代化の闇に
翻弄された者たちの逃避行の果て

鬱屈とした日々を生きる者たちの
不変的な日常が変わる―――



海が見えるそれぞれの場所で起こる
出会いと別れの群像劇




  • UP DATE
  • 22/07/26 - picture
  • 21/10/09 - characters
  • 21/10/08 - index

Story



 知人女性・ギン子の依頼で別荘の管理に訪れた青年・リューリは、無断で別荘に住み着いていた奇妙な関係の青年少女と出会う。


 一方、どこか影のある物憂げな女・メイコは、ゴミ捨て場に血まみれで転がっていた記憶喪失の青年を拾い、 また一方では、日々怒りと劣等感に苛まれる情緒不安定な青年・シオミが、不気味な笑みを浮かべた長身痩躯の真白い青年・ウツギと出会う。

 人を捜している、と言うウツギがシオミに見せたのは、数名の少年少女が写った古い写真だった―――



 舞台は、異文化の入り混ざった独特な雰囲気を持つ港町、寂れた治安の悪い繁華街、人里離れた避暑地の別荘。

 そして、土着信仰の残る血の匂いに満ちた離島。

     
 

CHARACTERS   

Top